お写真✨

アロマテラピー詳細☝️

97704153-6B5B-4C6F-BF90-0D6D2719EFEC.jpeg

アロマテラピーとは…

アロマテラピーとは✨

花の香り。フルーツの香り。森の香り。
植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。
アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。

アロマテラピーの源流と現在の広がり

アロマテラピーの源流は古代までさかのぼります。 古代から、人類は植物の香りを利用し、医療にも役立てていました。
20世紀初頭に「アロマテラピー」という言葉が登場し、精油やアロマテラピーの研究が進んだ現在では、美容、健康の増進、リラクセーション、スポーツ、介護や医療、予防医学などでも活用されています。

県立静岡ガンセンターでも取り入れられています。

【アロマテラピーのメカリズム】

五感の中で唯一脳にダイレクトに伝わるのが「嗅覚」です。
香りの分子を嗅覚がキャッチすると、感情や本能をつかさどる「大脳辺縁系」や、自律神経系をつかさどる「視床下部」にその情報が伝わり、体温や睡眠、ホルモンの分泌、免疫機能などのバランスを整えます。
また、アロマテラピートリートメントなどによって、精油成分が皮膚から身体に働きかけることもわかっています。

アロマテラピーのメカニズム

精油は、心と身体にさまざまな作用をもたらします。
ここでは、アロマテラピーにおいてよく活用される、基本的な精油の作用の一部をご紹介します。

心身への作用

心身への作用

 

 

 

 

 

 

 

 

細菌やウイルス、虫などに対する作用

抗菌・抗真菌作用

細菌や真菌(カビ、酵母など)の増殖を抑える作用です。

抗ウイルス作用

ウイルスの増殖を抑える作用です。

虫よけ作用

虫を寄せつけない作用です。

2019-02-13 20:58:17
1